SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Kaolynn@California

<< MMGT11 | main | ベリーダンス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
8月31日
本日2個目のエントリー。

小学生の頃、8月31日ってゆうのは特別な日でした。
読書感想文と夏休みの日記が終わらない夏休み最後の日。
友達に会うことが楽しみなんだけど、と同時にちょっとドキドキもする日。

夏の終わりを感じるにはまだまだ暑い日が続き、
でも、蝉の声が減ってゆく淋しさを子供心に感じながら新しい学期を迎える。
中学校、高校に上がり8月31日ってゆうのは、さらに特別な意味があった。私の場合、夏休みの過酷な練習に終わりを告げる日。
部活が嫌いなわけではなかったれども、もう来年まであんなに体力を酷使し汗を流すことはない、とゆう妙な安堵感をもつ日だった。

でも、夏の経験てゆうのは、いつも多くの疲労と、でもそれ以上の楽しさと充実感、そして何かをやり遂げた自信を私にくれた。

夏休みてのは、まとまった時間。
ひと夏の経験てゆうのは、人生観をも大きく変えうる。

その夏休みをどう過ごすか。
終わったときに「良い夏やったな…」といえるかどうか。
それにかかっているのではないだろーか。
大学時代てゆうんは、いわば4年間の夏休みを手に入れたといっても過言ではないと私は思う。

色々なことがあって、笑って泣いて苦しんで、でもまた笑う。
それでも、最後に心の底から「良い夏やったな…」ていえたら良いな、と思う。

ちなみに、夏の終わりの独特の切なさ、淋しさ
終わりゆく季節への慕情
個人的にはすごく好きです。
夏のはじまりも好きなんだけどね。
暑くなってゆく季節への期待と嬉しさと何ともいえないときめきを感じる。

基本的に夏真っ盛り生まれの生粋の夏女なんで夏が好きです。
「夏の終わり」を感じることがないカリフォルニアのこの気候で、ふとカレンダーを見てそんなことを思ってみたのでした。

| つれづれ | 21:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |
コメント
すでに秋雨モードですょ、日本。ありえん。
俺の夏は始まったばかりだというのにw
| k | 2004/09/02 12:13 PM |

こっちきて雨がふったのを見たことがない。むしろ、空が一面曇ったことさえも。笑 空に雲はもちろんあるけどね。
| かおりん | 2004/09/02 3:07 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaolynn.jugem.cc/trackback/35
トラックバック
終わりゆく夏休みに
何かが終わっていくことに一抹の寂しさを感じるのは大人であっても、小学生であっても同じ事だ。ただ、大人の場合は日々の忙しさにその寂しさを誤魔化すことが出来、お酒や仕事にその寂しさをかき消していく。 (続き読みたい方は、>>See all textをおしてね)...
| TALK W/O LIPs | 2004/09/02 1:23 AM |