SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Kaolynn@California

<< ごほうび | main | 訃報 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
GSA
水曜日に関学(KSC)でSCSとSF主催で留学イベント「Go Study Abroad〜見つけようあなたの留学〜」というイベントがあった。
(生徒のみでそれを企画・実行して事務所に通しちゃうとこが総政の特徴)

実際に関与は出来ず、ゲストスピーカーなんていう大層な肩書きを頂き、あたしも出席してきちゃいました。

実際にイベントに参加してみると、2年前・3年前の自分の姿とかぶったりなんかしてくすぐったい気分だった。

実は10歳の時にアメリカから帰国して以来、いつも脳みその片隅「留学」てことは置いててね。そんだけ長い間の夢というか目標…だった。
でも、大学時代に留学する自分の姿は常に描いていたから、留学が決まったときは夢を叶えたというよりは、ようやく切符を手に入れたてゆう気分だった。

きっと留学したい、て想いは人それぞれで、目的も主旨も達成レベルもそれぞれで違う。海外経験をしたい、という目的で外にいく人もいるし、何か勉強したいことがある、という理由で外にいく人もいる。
それぞれではあるけども、それでいいとは思う。

ただ、中途半端な想いや決心のままではある程度の期間を海外で過ごす、なんてことは大変だとは思うけどね。


GSAというイベントは、それぞれの留学形態、または時期を見つめてほしいという目的のもとに成されたイベント。
経験者として今日参加した私は、次に行く子たちもまた有意義な想いをして帰ってきてほしいな、な〜んてちょっとえらそうに思ったりもしてた。

大学4年になって思うことは、大学での4年間てのは受験というハードルを越えて手にいれた4年間の「時間」だったのだな、ということ。
留学はあたしにとってはあくまでその4分の1の時間だけだったけど、その中で手に入れたことというのはプライスレス。

これからは、そこで手に入れた経験をどうやって活かしていくのか、どうやって自分の人生でカタチにしていくのか、ということが今度のあたしのやるべきこと。
「いい経験だったな」で終わらせるのではなく、そこから何かに導かなければ時間もお金も投資した意味がない。

今、実際に就活を始めてみて、そうゆうことを言葉にしていくことの難しさに直面中。(遅ればせながら)
悶々と考えるだけでなくてちゃんとクリアにアウトプットできるようになりたいもんやねー。






| 出来事 | 20:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:25 | - | - |
コメント
お前は偉い!
・・・とだけ言っておこう〜
| けんえい | 2005/06/18 6:00 AM |

偉くなんかないよ。でしゃばりなのら。あははー

もーすぐ日本やね!
| かおりん | 2005/06/19 2:33 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaolynn.jugem.cc/trackback/227
トラックバック