SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Kaolynn@California

<< 唐辛子事件簿 | main | サプライズBDparty >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
目覚めていない恋の魅力?
アユミクスとなんばのとこでやってた

目覚めていない恋の魅力発見テスト
てのをやってもた。

バレンタイン特集なんやて(。・ω・。)
あたしの結果はというと


タカビーな魅力が眠っている

 あなたの奥に眠っているのは、「タカビーな魅力」です。「タカビー」というと、マイナス印象に思われがちですが、意外と男性の征服欲求をくすぐり、そんな女性をモノにしたいと思っている人は少なくありません。しかし今のあなたは好かれたいと思うあまり、タカビーとは対極の位置にいます。男性に気に入られようとコビを売ったり、へんに相手を持ち上げたりしているのでは? そのため安っぽい女と思われて、女性としての魅力はゼロに等しくなっているかも。あなたの場合、本来持っている気高い魅力を存分に発揮し、男はみんな自分の部下という感じで振る舞ってみてください。そんな高慢な態度に、男性は征服欲求を刺激され、あなたをモノにしようとするアプローチしてくるはず。


タカビー?
高飛車??

もともと我儘とゆわれるあたしに、プラス「タカビー」って。
あれま…
すんません。

しかも、それよりも気になるのが「女性としての魅力はゼロに等しくなっているかも」て?媚てるノ?あたし。
だめじゃん!


でも「気高く」て聞いたらまた違うかも(。・ω・。)
ニュアンスが。(切り替えの早さはピカイチ)
そういえば獅子座の魅力は気高く、誇り高いとこなんだって。
うん、よしっ。
そう受け取ることにしよう。

わたくし、カオリン(21)気高い女性を目指しまつ。
(いつまで続くことやら)




あ。追伸。

バレンタインてのは、アメリカだとカップルがお互いにプレゼントを渡すんやってさプレゼント
女性→男性てだけじゃないあたり、おもしろいね。

小さい頃は、クラス全員でお菓子とかチョコとか色々交換した。


日本でも、女子同士でめっちゃ渡しあうよな。
義理チョコーとかゆうて男子にも渡すけど。
みんなに渡したらえぇやなの。ねー。
甘いモンたくさん食べれて嬉しいし。






| 恋バナ | 11:33 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:33 | - | - |
コメント
かおりん、私と診断結果が一緒じゃないですかーー!!笑
私がここで注目した文章は

「あなたの場合、本来持っている気高い魅力を存分に発揮し、男はみんな自分の部下という感じで振るまってみてください」というところ。

はい。そうしてみます。
とりあえずかにが食べたいから買ってきてといって見るわ♪むしろもぐって採ってきてっていってみるわ♪笑
気高いというかただのわがまま・・・?!
| サオリン | 2005/01/28 11:49 PM |

あはーーーっ!!!
あたしも前にやったら確か同じのやった。
我儘カオリンサオリンと一緒だなんてイタイなぁ。。笑

そうそう、獅子座の性格て“プライドが高い”ってよく聞く。
ものは考え様です☆

これからは気高い姫になれる様、目覚めるわ◎
| かなっぺ | 2005/01/29 1:43 AM |

私も同じ結果が・・・・。

かおりと同じなんかな??

| chihiro | 2005/01/29 6:49 PM |

あたしもタカビー族やった…
それしか出せんのかい!!
| さとみ | 2005/01/29 7:04 PM |

タカビー族おおいねぇ!!
私は小悪魔だったよ
普段は分かり易すぎてだめらしい。
確かにそんなことある人に言われたっけ。
もっと小悪魔的に攻めなきゃだめらしい(笑)
| ユーナ | 2005/01/31 3:24 PM |

あ。
あたしもタカビー族やわ。。。
| さとこ | 2005/02/02 1:56 PM |

だはーーーーっっ

類友でつか!?w
ま、タカビーにいきましょう☆★

| かおりん | 2005/02/04 4:27 PM |

ちなみに、バレンタインは男→女らしいで。
両方あげるのんもありらしいけど。

| かおりん | 2005/02/04 4:28 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaolynn.jugem.cc/trackback/138
トラックバック